また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

HOME > 今月のおすすめルート > 鳥甲山
ルートID: r385 中級 日帰り 甲信越 2017年10月

鳥甲山

公開日:2017年10月01日
濃い緑山行に最も適した時期 薄い緑山行に適した時期
1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
上信越の秘境とも言われる「秋山郷」の裏手にそびえる峻峰。登り応えのある山とのんびりとした温泉を楽しむ山旅です。
ルート長7.9km
登り標高差1011m
下り標高差1181m
行程概要: 貉平(1020m) → 万仏岩 → 白凜瞭(1944m) → カミソリ岩 → 鳥甲山(2038m) → 赤凜瞭(1830m) → 赤凜慮(1671m) → 屋敷登山口(850m)
Web Services by Yahoo! JAPAN

【苗場山・鳥甲山】鳥甲山の詳細解説

\ おすすめポイント /
  • 歩き応えのある行程
  • 日本二百名山
  • 秋山郷温泉での滞在
モデルプラン
1日目
歩行時間:7時間20
鳥甲山貉平登山口〜小水ノ頭〜白凜瞭〜剃刀岩〜鳥甲山〜赤凜瞭〜屋敷山鞍部〜屋敷登山口
山と高原地図 《ヤマプラ》
http://yamare.co/Uesfyi
コース概要 貉平登山口から登り始める。
歩き始めはカエデの中心とした落葉樹林帯を緩く登るが、はっきりとした尾根上に上がると急な登りが続くようになる。
小水ノ頭を越えてわずかに進めば万仏岩を通過する。梯子が掛かっているが、左手のリッジ通しに登ったほうが多少楽に通過できる。岩場は総じて脆く危ういので、落石やホールド剥がれには注意をしたい。
ヤセた尾根上を進むと白凜瞭への登りとなる。
たどり着いた白凜瞭は展望のないピークだ。
ここからはアップダウンが続く尾根をたどり、このルートの核心部となる剃刀岩へ向かう。
剃刀岩は鎖を頼りに進むが、急な下りが一箇所あるので滑落には注意したい。
岩壁の基部をトラバースして進めば稜線上へ戻り、あとは屋敷登山口への分岐を分ければ山頂までは問題になる箇所はない。
山頂を辞して屋鋪登山口方面への分岐からノゾキの鞍部までは大きく下る。
軽く登り返せば赤凜瞭に到着する。ここからは苗場山方面の展望が雄大だ。
赤凜慮を越えると屋敷下降点となり、ここからは樹林帯の急な下りが続く。
やがて沢沿いの道となれば堰堤を対岸へ渡り、さらに樹林帯を下れば屋敷登山口に到着する。
計画書提出先 長野県警察本部または飯山警察署地域課
※貉平登山口に登山計画書提出ポストあり
宿泊 なし
※アプローチに時間が掛かるので前泊か後泊をすると行程に余裕が出る。
交通 JR飯山線湯津南駅より南越後交通バス(和山温泉行き:880円)にて和山温泉バス停へ。
※貉平登山口までは送迎してもらうのが一般的だ。
駐車場 貉平登山口に無料駐車場あり。
アドバイス 登山道はよく整備されている。
剃刀岩の通過は鎖場だが左右に切れ落ちたナイフリッジとなっているので転落には要注意だ。
屋敷に下山後は屋敷温泉よりバスに乗るか泊まった宿に迎えにきてもらう方法がある。
(貉平登山口まで徒歩約70分)
自転車を下山口にデポしておくと効率的な登山となる。
サブコース 逆コースは岩場が下りとなり危険なのでおすすめしない。
苗場山や佐武流山と組み合わせても面白い。
エスケープルート 特になし。
入浴 《小赤沢温泉楽養館》
村営の日帰り温泉施設。空気に触れると赤色に変化する温泉が特徴的だ。
http://sakae-akiyamago.com/eat/349/
おすすめ周辺情報 《とみざわ》
十割そばのお店。へぎそばも美味しい。
https://goo.gl/maps/NThNiAEhz5m
《たからや食堂》
昔ながらの食堂。濃い目の味付けが美味しい大名かつ丼がおすすめだ。
https://goo.gl/maps/pCwDLjHBqjP2
《ぽぱい》
ボリューム満点でリーズナブルな定食が多い店。
https://goo.gl/maps/cDCknbTxyYM2
1
鳥甲山・貉平登山口から登り始める。
駐車場は20台程度停めることができる。
2
鳥甲山の概念図。
3
下部は傾斜の緩い登りだ。
カエデなどの広葉樹が色付いて美しい。
4
はっきりとした尾根上に乗ると傾斜が増してくる。
正面は小水ノ頭。
5
わずかに進めば万仏岩の鎖場だ。
右手の梯子は使わず左側のリッジ通しに登ったほうが多少楽に登ることができる。
6
岩は脆いので落石やホールド剥がれに要注意。
7
鎖場を抜けると痩せた尾根が白凜瞭(シロクラノカシラ)へ伸びている。
8
不安定な部分もあるので転落には注意が必要だ。
基本的に右手は切れ落ちている所が多い。
9
傾斜が緩まれば間もなく白凜瞭に到着する。
10
白凜瞭は樹林に囲まれたピークで展望は殆どない。
11
細かなアップダウンを通過しながら剃刀岩へ向かう。
12
右手が切れ落ちたヤセ尾根を進む。
そろそろ剃刀岩だ。
13
鎖を頼りに急な斜面を下る。
滑落要注意個所だ。
14
続いて剃刀岩の基部をトラバース気味に進んで行く。
15
稜線上に復帰して振り返れば剃刀岩がそびえる。
16
剃刀岩との鞍部から山頂への登りが始まる。
途中にある屋敷登山口への分岐は看板がはっきりしないので確認しておくと安心だ。
17
近いようで意外と距離がある登りなので焦らずに登ろう。
18
鳥甲山の山頂に到着。
山頂はやや狭く樹木が若干邪魔になるが展望は良好だ。
19
山頂からわずかに下り分岐を屋敷登山口方面へ進む。
しばらくは気持ちの良い稜線上の下りだ。
20
ノゾキと呼ばれる鞍部まで下り軽く登り返せば赤凜瞭に到着する。
21
赤凜瞭は藪に覆われたピークだが苗場山方面の展望が素晴らしい。
22
振り返れば鳥甲山が高くそびえる。
23
正面には秋山郷を隔てて特徴的な頂上台地を持つ苗場山を望む。
24
更に下れば正面が赤凜慮となる。
ただし小ピークが多いので判別は難しい。
25
屋敷登山口への下降点からは急な下りとなる。
湿ったところが多いので転倒やスリップには十分注意したい。
26
下部へ行くに従い急な斜面となる。
27
樹林帯を抜けると沢に出る。
堰堤に沿って対岸へ向かうとリボンの目印に導かれて樹林帯を下る。
28
堰堤から20分ほどで屋敷登山口に到着する。
29
貉平までは舗装された林道を5kmほど戻る。
複数台の車で来るか宿の送迎を上手く活用すると苦労せずに済む。自転車をデポするのもいい方法だ。
30
【入浴】
「小赤沢温泉楽養館」は村営の日帰り温泉施設だ。
31
【入浴】
「小赤沢温泉楽養館」
湧出口は無色透明だが空気に触れると鉄分が酸化して赤色となる。
32
【おすすめ周辺情報】
津南町の中心部にある「とみざわ」は十割そばのお店。へぎそばも美味しい。
33
【おすすめ周辺情報】
「たからや食堂」の大名かつ丼は山行後の食事にぴったり合う濃い目の味付けが人気のお店だ。
34
【おすすめ周辺情報】
「ぽぱい」はボリューム満点でリーズナブルな定食が多い店だ。
※上記の情報は変更になる場合があります。最新の情報については、出発前に現地の各関係機関にお問い合わせいただく事をおすすめします。

このルートで登る山/通過する場所

ページの先頭へ