また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

HOME > 今月のおすすめルート > 【特集・初日の出の山~前編】朝熊ヶ岳
ルートID: r1012 入門 日帰り 近畿 「特集・初日の出の山〜前編」

【特集・初日の出の山~前編】朝熊ヶ岳
あさくまがたけ

公開日:2018年12月01日
濃い緑山行に最も適した時期 薄い緑山行に適した時期
1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
年末年始には臨時列車が運行され,中京圏からのアクセスに優れる朝熊ヶ岳で元日を迎えましょう。
伊勢湾から浮かび上がる初日の出は幻想的で美しく、下山後には伊勢神宮へ初詣に行くこともできます。
ルート長7.3km
登り標高差547m
下り標高差547m
行程概要: 朝熊ヶ岳登山口 → 朝熊峠(481m) → 朝熊ヶ岳(555m) → 朝熊ヶ岳(555m) → 朝熊峠(481m) → 朝熊ヶ岳登山口
Web Services by Yahoo! JAPAN

【朝熊ヶ岳】朝熊ヶ岳の詳細解説

\ おすすめポイント /
  • 伊勢湾上に浮かび上がる初日の出
  • 伊勢神宮で初詣
  • 臨時列車が運行される
モデルプラン
1日目
歩行時間:4時間
朝熊駅〜朝熊岳道〜朝熊峠〜朝熊ヶ岳〜往路下山〜朝熊駅
交通 近鉄鳥羽線朝熊駅より。
※元日には臨時列車が多く運行される。詳しくは下記を参照のこと。
https://www.kintetsu.co.jp/railway/Dia/newyear2019/hatumoude.html
駐車場 朝熊駅近くの「であいの広場」に無料駐車場あり。
アドバイス 夜間登山になるのでヘッドランプの動作や電池の残量を要確認のこと。
登山道はよく整備され非常に歩きやすい。
山頂付近は冷え込むので防寒着を持参すること。
おすすめ周辺情報 《おかげ横丁》
江戸時代後期-明治時代の街並みを再現している。多くの飲食店や土産物店が立ち並ぶ。
https://www.okageyokocho.co.jp/
《とうふや》
文字通りとうふと穴子の店だ。おすすめはどちらも楽しむことができるとうふや膳。
https://www.okageyokocho.co.jp/tenpo/tofuya/
《ふくすけ》
太目の柔らかい麺が特徴的な伊勢うどんは甘味の少ない溜り醤油でいただく。
https://www.okageyokocho.co.jp/tenpo/fukusuke/
《赤福本店》
赤福ぜんざいは登山の疲れを癒すには最高の一品だ。
http://www.akafuku.co.jp/
《五十鈴川カフェ》
川の畔にある古民家風のカフェ。川の流れをのんびりと眺めながらゆったりとした時間を過ごすことができる。
https://www.okageyokocho.co.jp/tenpo/isuzu_cafe/

(年末年始の営業は各自でお調べ下さい)
1
朝熊駅から朝熊岳道を登る。
途中の朝熊峠からは伊勢市街地の夜景が美しい。
2
朝熊ヶ岳の山頂は車で行くこともできるので多くの人々で賑わう。
3
伊勢湾から浮かび上がる初日の出。
何もへだたるものがない最高のロケーションだ。
4
元日には「初日の出汁」が振舞われる。
熱々の出汁は冷えた身体に嬉しい。
5
【おすすめ周辺情報】
下山後は伊勢神宮で初詣もいいだろう。元日には多くの参拝客が訪れる。
6
【おすすめ周辺情報】
江戸後期の街並みを再現した「おかげ横丁」にも立ち寄りたい。
正月らしく華やかで活気に包まれている。
7
【おすすめ周辺情報】
おかげ横丁内にある「とうふや」は文字通りとうふと穴子の店だ。
おすすめはどちらも楽しむことができるとうふや膳。
8
【おすすめ周辺情報】
太目の柔らかい麺が特徴的な伊勢うどんは甘味の少ない溜り醤油でいただく。
「ふくすけ」の海老天うどんは味もボリュームも満点。
9
【おすすめ周辺情報】
「赤福本店」の赤福ぜんざいは登山の疲れを癒すには最高の一品だ。
10
【おすすめ周辺情報】
五十鈴川カフェは川の畔にある古民家風のカフェ。
川の流れをのんびりと眺めながらゆったりとした時間を過ごすことができる。
※上記の情報は変更になる場合があります。最新の情報については、出発前に現地の各関係機関にお問い合わせいただく事をおすすめします。

このルートで登る山/通過する場所

ページの先頭へ